バイトをする人がいない・・・すき家はどうする?

最近のバイトの話題といえばすき家のバイト問題でしょう。

現在、すき家はバイト不足に陥っています。
その原因は低賃金できつい労働をさせられ、さらに強盗などの対策もとらないという経営の仕方に問題があるようです。
 
人件費を削ればそれだけ一人の負担は増えていきます。一方人件費が抑えられることにより費用がすくなくなり収益を上げることが出来るわけですが、肝心の働く人がいなくなってしまっては意味がありません。
 
様々な店舗で改装中となっていますが、実際はバイトがいなく働く人がいない状態です。
低賃金できつい仕事というのは誰しもやりたくありませんですしね。
またあまりにも働く人がいないということでどうやら時給が2000円代の店舗も出てきているそうですが、なかなかあつまらないみたいです。
一度悪いレッテルが貼られてしまったらそうは塗り替えることができません。
現在のまま経営して行くというのは無理なことですので大きく方向転換をする必要があるとおもいます。
 
 
バイトだから安くこき使ってやればいいと思っていたようにかんじてしまいます。
バイトだってなんだって仕事が休みの日には一人のお客さんになるわけです。
その人に対して辛いことばっかりやらせておけば、すき家を利用しなくなるのは当たり前ですよね。

昔ならひどい扱いをしたとしてもその情報がそこまで広がることはありませんでしたが、現在はネットがあります。
誰かすき家に関するよくないことを書き込むだけで、それが簡単に広まってしまうんです。
 
 
従業員を使い捨てるように使うのはやめたほうがいいですね。
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ